シンデレラの本名

「シンデレラ」は継母たちが付けたアダ名。ディズニーアニメの下敷きとなったペロー童話、グリム童話でも主人公の本名は明かされない。

2015年公開のディズニー『シンデレラ』実写版の主人公の名前は「エラ」。主人公を個性輝く女性として描いているので、どうしても本名が必要だったのだろう。「シンデレラ」と渾名された理由も映画の中で明かされる。灰を意味する cinder と主人公の名前 Ella を合わせて cinder Ella → Cinderella だという。

Cinderella の -ella は接尾辞。「どじょっこ」だの「ふなっこ」の「っこ」の部分で、それ単独では意味をなさない。 たまたま Ella が人名としてありそうな名前なので、 cinderella = cinder + Ella というこじつけが成立する。 エラがシンデレラになったのではなく、本当のところは「シンデレラ」から「エラ」が生まれた。

このこじつけも英語圏でこそ成立するが、他の言語、たとえばフランス語ではペロー童話の Cendrillon (サンドリヨン)が通用している。cendre は灰の意で、 -illon は小娘を意味する接尾辞。全体で「灰っこちゃん」となる。本名 illon というわけにもいかない。

『シンデレラ』実写版のフランス語吹き替え、あるいは字幕はそこのところをどうしてるのか。いらぬ心配をしていると、ネット上で実写版のフランス向け予告編を見つけた。フランス語版でも主人公の名前は英語版そのままに Ella としている。

dailymotion より)

- Cendre(灰)Ella
- Ella souillon(売女)

重なる Ellaを省き Cendre souillon → Cendrillon
ここのところの英語は
- Cinder Ella!
- Dirty Ella!

だったから、名訳と言えよう。

ちなみにドイツ語版はグリム童話の主人公名 Aschenputtel(灰かぶり娘) をあえて用いず、ディズニーの Cinderella をそのまま使っている。
- Zinder(灰) Ella!
- Zinter Ella!

と、繰り返し Cinderella! へと繋ぐ。

王子には本名を名乗らない
実写版の中で王子に主人公がその本名を名乗ることはない。王子に名を問われる機会は3度ある。最初に出会った森の中。日本語吹き替えでは次のようになる。
「君のことをどう呼べばいい?」
「名前なんかどうでもいいわ。」
悪くない翻訳だが、主人公エラがなぜここで答えをはぐらかしたのか理解しづらい。

Youtube
英文では次のようになる。(Movie Script
- Miss, what do they call you?
- Never mind what they call me.

英語に限らずヨーロッパ系言語で「君の名は」と聞くのは無粋なので、「みんなはあなたのことを何て呼ぶの?」という聞き方がある。
この直前に主人公は継母たちからシンデレラ、すなわち「灰かぶり」と呼ばれていたから、「みんなが私のことを何て呼ぼうと気にしない。」という答えになるのだ。

ここで王子は自分のことを「キット」と名乗る。これはたぶん父である王様が我が子を親しみを込め kid と呼んでいたからだろう。kid は「キット」と聞こえる。きっと。

2度目は舞踏会で再会し、秘密の花園からの別れ際。
「君は、本当は誰なんだ?」
「それを言うと、すべてが変わってしまうと思うの。」
相手が王子だと知った今、魔法の力で身なりを整えてはいるが自分は「灰かぶり」と呼ばれる村娘。それで躊躇したのだろう。

最後は生家で発見されて。このときは自分の身上をきっぱりと告げる。魔法の力など借りず。
「私はシンデレラ。王女じゃないし、馬車も、両親も持参金もありません。」
灰かぶりと呼ばれる、ただあなたを愛する実直な村娘。そんなありのままの私を受け入れてくれますか?と。
「もちろん。」と、王子。「もし、あなたも私をありのままに受け入れてくれるならば。」

「シンデレラ=灰かぶり」という渾名をめぐって、主人公の心境の変化がうかがえる。

いつから「エラ」が本名に?(2020-10-23 追記)
主人公の名前が「エラ」であるのは 2015年の実写版が最初ではない。

英語ライフ の記事によると、この記者が持っているディズニーの子供向けの洋書『Cinderella』に「奥さんに先立たれた紳士と美しい娘Ella(エラ)が住んでいました」と書かれているという。
there lived a widowed gentleman and his lovely daughter, Ella.


いっぽう、1950年のディズニーアニメでは冒頭、絵本を開いて読み上げる体裁で物語を始める。

(movie)

there lived a widowed gentleman and his lovely daughter, Cinderella.

こちらでは娘の名は最初から「シンデレラ」となっており、全編を通じて「エラ」は登場しない。

1950年のアニメ公開後のどこかの時点で本名「エラ」が登場したものと思われる。

関連記事:シンデレラはフランス語を話せる?
     シンデレラのスカート丈

初出:29 Aug 2019

Posted on 12 Nov 2020, 9:47 - カテゴリ: おとぎ話
No comments - Edit - Delete


なみはや号へのレクイエム

平成元年(1989年)に、「大阪市なみはや号プロジェクト」という大規模な企画があった。5世紀前葉と思われる古墳から出土した舟形埴輪を原型に実物大の古代船を復元。大阪から韓国の釜山までを航海するというもの。7月8日に大阪港天保山出航、8月11日に韓国の釜山港に入港。無事成功したかに見えた。
参考:古代船「なみはや」物語

その10年後、ことの顛末が明らかとなる。
実際に海に浮かべて漕いでみますと、非常に安定が悪く、そのうえなかなか進みません。10年たった今だから言えるのですが、韓国の港では、学生達が古代の赤いたすきの衣装に着替えて、ずっと8人で漕いできたかのように振る舞ってもらっていましたが、実のところは夜間、他の船に牽引してもらっていたのです。
(財団法人 大阪市文化財協会 調査部長 永島暉臣慎 古代船の再現「古代研究」第9号:1999年5・6月号)

モデルとなった埴輪はこれ。

で、実物大にして作っちゃったのがこれ。


1980年代後半は官民ともに無駄にお金を使っていた時代だとはいえ、「現在の船の構造設計者によると、とても構造的に船にならない」(同前)と言われていたものを、どうして造ったのかなあ。素人目に見てもおかしいでしょ、こんな船。

船のような形だからといって、船とは限らない。船形のモニュメントかも知れないし。

魏志倭人伝につぎのような記述がある、
埋葬の時には屍を船の上に置き陸地でこれを引いたり、小さな輿に乗せたりする。
件の埴輪は葬列の模様。陸上を修羅(しゅら)で引いた姿を摸したものだろう。

参考:船型埴輪は舟葬用の船を模したもの

Posted on 27 Feb 2019, 21:39 - カテゴリ: 古代史
No comments - Edit - Delete


応神天皇陵は存在しない

応神天皇陵として宮内庁が治定しているのは惠我藻伏崗陵(誉田御廟山古墳・羽曳野市)である。例によって考古学者からは批判かまびすしい。本当の応神天皇陵はどこにあるのか?私は答える。応神天皇陵は存在しない

『古事記』に応神天皇の「御陵は川内の恵賀の裳伏岡にあり」とある。しかし『日本書紀』に陵名の記載はない。日本書紀は他の歴代天皇の陵をすべて記載しているのに、ただひとつ応神天皇についてのみ、それを記載していない。(ただし、雄略紀のエピソードに「蓬蔂丘の誉田陵」の言及がある。)

古事記と日本書紀は同時代の朝廷内にあった歴史編纂プロジェクトだから、その伝承を古事記は知っていて、日本書紀は知らなかったということはない。日本書紀は応神天皇陵の伝承を知ってはいたが、あえてそれを記載しなかったのである。

なぜかというと、応神は神だから。例外はあるが、たいていの神に墓は無い。

応神天皇陵として宮内庁が治定している誉田御廟山古墳は、その地で「御廟山」と呼ばれていた。「陵」は天皇あるいは皇后の遺体を埋葬する施設であるが、「廟」は祖先神の霊を祀る施設である。応神は神だから遺体は無く、「陵」を作れないから、代わりに霊を祀る「廟」が作られたのである。

霊はいくらでも分霊できるので、廟もいくつでも作ることができる。誉田御廟山古墳(羽曳野市)と別に御廟山古墳(堺市)があって、こちらにも応神天皇が祀られている。


江戸時代の堺近郊の地図に「仁徳帝」などが書かれているが、御廟山古墳は「応神帝」として現れる。

関連記事:2つの御廟山古墳

Posted on 20 Apr 2019, 19:21 - カテゴリ: 古代史
No comments - Edit - Delete


三種の神器と中世

古事記に登場するのは三種の「神宝」で、「三種の神器」という表記の初見は『平家物語』の壇ノ浦合戦がらみである。そこでは「神鏡剣璽」となっている。

二位殿は「神璽をわきにはさみ、宝剣を腰に差し」安徳天皇といっしょに海に飛び込んだ。「内侍所」と呼ばれる鏡は船上に取り残された。

次にレガリア(王権を証明するアイテム)が脚光を浴びるのが南北朝時代だが、このときも「神璽・寳鏡・寳劔」である。

この「神璽」を勾玉と解釈したのは南朝方の北畠親房で、『神皇正統記』にそれを書いている。古事記の「三種の神宝」に当てはめて解釈したのだろう。これがその後に神社本庁の見解となり、いまも俗説としてまかり通っている。


(画像はイメージ)

明治期になると剣璽等承継の儀が整備される。ここで重要視されるのは宝剣と神璽である。鏡は「等」未満の扱いとなり、勾玉はまったく忘れ去られている。

古事記にのみ登場する三種の神器(神宝)が現在の天皇家まで引き継がれていると考えるのは、まったくのファンタジーにすぎない。


参考文献:新谷尚紀『伊勢神宮と三種の神器』(2013)講談社

Posted on 19 Apr 2019, 22:18 - カテゴリ: 古代史
No comments - Edit - Delete


三種の神器と日本書紀

天照大御神さまは、孫の瓊々杵命(ににぎのみこと)に三種の神器である八咫の鏡・八坂瓊曲玉・草薙剣を授け、豊葦原水穂国を高天原のようにすばらしい国にするため、天降るように命じました。
以上は神社本庁のページで天孫降臨神話を語る冒頭部分である。古事記の天孫降臨のエピソードに登場する「三種の神宝」を「三種の神器」と書き換えたもの。

いっぽう日本書紀で同様エピソードは異伝のひとつとして紹介されているにとどまる。書紀本文の相当部分は大意つぎのとおり。
高皇産霊尊は真床追衾(まとこおふすま)を以ちて、皇孫天津彦彦火瓊瓊杵尊を覆って降臨させた
タカミムスビが孫のニニギを布団にくるんで地上へ送ったというのだろう。アマテラスも三種の神器も、ここには登場しない。

古事記にのみ登場する三種の神宝が、歴代天皇のレガリア(王権を証明するアイテム)になったかというと、その気配はない。

初代神武天皇が東征し大和でニギハヤヒと衝突するにあたり、両者とも天神族である証拠となったのは弓矢とそのケース(天羽羽矢あめのははや、歩靫かちゆき)である。

日本書紀の中で皇位継承のさいレガリアが登場する初出は允恭紀になる。反正天皇崩御の後、群臣は允恭を推すが、允恭はなかなか受けようとしなかった。このとき登場するレガリアは「天皇之璽」である。持統即位のさいは「神璽劒鏡」と、剣と鏡が追加されている。いずれにせよ勾玉はいっさい登場しない。

なお、崇神紀と垂仁紀によると天照大神は崇神天皇に祟ったので宮中から追い出され、遍歴の末に伊勢の地に倭姫命によって祭られることになったと伝えている。ただここで、天照大神のご神体が鏡であるとは言っていない。

次の景行紀でヤマトタケルが伊勢で倭姫命から草薙剣を授かったが、ヤマトタケルは天皇にはなっていない。その草薙剣を尾張の宮簀媛に預け、後に熱田神宮で祭られたことになっている。この話からすると天照大神ゆかりの品として(言及はないが)鏡のほかに剣も伊勢に移されたようである。勾玉については言及が無い。

のち9世紀に忌部氏の伝承を纏めた『古語拾遺』に景行天皇の世のこととして次の記事がある。
更鑄鏡造劔、以爲護御璽。是、命践祚天之日所、獻神璽鏡劔也。
天照大神を追い出したあとレガリアとして鏡と劔を造ったという。勾玉は言及されず、レガリアを「神璽鏡劔」としている。

このあたりの話を根拠に「鏡と剣を宮中から出し、その形代を宮中に置いた」との俗説があるが、私はそれをおかしいと思う。天照大神が恐れ多いので宮中から出したのならば、そのレプリカを造ったとして、そこに天照大神の霊をコピーしたのでは、追い出した意味が無いではないか。



ちなみに八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)は神代のほかに垂仁紀に登場する。丹波国の牟士那(むじな)といふ獣の腹から出たものが献上され、石上神社に収めたという。レガリアとはまったく無縁の話となっている。

参考文献:新谷尚紀『伊勢神宮と三種の神器』(2013)講談社


Posted on 8 Mar 2019, 23:28 - カテゴリ: 古代史
No comments - Edit - Delete


Pages: ... [2] [3] [4] [5] [6] [7] ...