最新版でOpenSimをはじめる

本ブログ記事「オープンシムとは」で紹介しているリンク「自分のSIMを作る」(第3の人生 2)にはOpenSimによる仮想世界の構築が解説されています。しかし最近の状況では一部修正しなければならないことがあります。

1. OpenSim.Ini の修正
http://opensimulator.org/ で公開されている最新版、この記事執筆時点で 0.9.2.1 ですが、これを使ってスタントアロンで運用するには OpenSim.ini を修正する必要があります。冒頭部分の [Const] セクションにある
;# {PublicPort} {} {PublicPort} {8002 9000} "8002"
PublicPort = "8002"

となっているところ、PublicPort を 8002 から 9000 に変更します。
;# {PublicPort} {} {PublicPort} {8002 9000} "8002"
PublicPort = "9000"


2. FireStorm viewer への追加登録
昔の記事では FireStorm ログイン画面のGridを選択で localhost を選ぶように指示されていますが、最近の FireStorm に localhost は登録されていません。あらたに追加登録しなければなりません。
FireStorm 環境設定の Opensimタブで localhost:9000 を登録します。
登録されてもグリッド名に localhost は現れません。なぜか「the lost contient of hippo」(失われたカバ大陸?)と表示されます。これを選択すればOKです。

(初稿:31 Jan 2023, 13:21)

Posted on 31 Jan 2023, 16:43 - カテゴリ: opensim
Edit - Delete


コメントはありません、

コメントを書く

標題
投稿者
本文
顔マークを表示
セキュリティコード 3845395
パスワード (同じ投稿者と確認するため)